海住山寺

京都府木津川市加茂町例幣(旧相楽郡賀茂町例幣)は海住山寺。
国道163号「海住山寺口」交差点を北へ。
真言宗智山派。補陀落山。本尊 十一面観音。
国宝の五重塔を有する寺として知られる。
c0182455_18170819.jpg
山の中にある山岳寺院で、
「海住山寺口」交差点を登って行くが道は狭い。
この山を三上山という。

創建は735年(天平7年)で良弁。
勅願寺でもと藤尾山観音寺といった。
1137年(保延3年)火災により伽藍を消失。
のち貞慶が再興し、補陀落山海住山寺と改称した。
五重塔は国宝。
文殊堂、絹本著色法華経曼荼羅図、十一面観音立像2体、
海住山寺文書は国指定重要文化財。

2016年3月31日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2016-05-01 18:31 | 京都府(10) | Comments(0)
<< 西方寺(伊賀市) 神童寺 >>