鳥取山田神社

三重県員弁郡東員町山田は鳥取山田神社。
員弁町役場、総合文化センターの近く。
国道365号「中央大橋南詰」交差点を北へ。
延喜式神名帳伊勢国員弁郡の鳥取山田神社に比定される。
浄源寺(東員町)、圓光寺(東員町)が隣接する。社号標。
c0182455_14282356.jpg
祭神 角凝魂命。
また天児屋命、大山祇神、須佐之男命、
天照大御神、菅原道真、誉田別命 火産霊神、天湯河桁命。
創建は不明。
社名の「鳥取」は鳥取部、鳥取連に関連する。
延喜式神名帳伊勢国員弁郡には当社の他に
「鳥取神社」が記載され、こちらも同じものと考えられる。
鳥取部、鳥取連とは、
鳥を捕まえて皇室に献上する職能集団である。

垂仁天皇の皇子 誉田別命は大人になっても声が出なかったが、
ある日 飛んでいる鳥(鵠)を見て初めて声を発した。
天皇はその鳥を捕らえるよう命じたが、
この命を受けたのが鳥取部であり、
古事記ではヤマベノオオタカ、
日本書紀ではユノカワタケという。
また ある日皇后の夢に出雲の天甕津媛命という神が現れ、
私を祀るならば誉田別命は声が出るようになるだろうといい、
さっそく美濃国花鹿山より縵を投げたという。
c0182455_14302644.jpg
この鳥取部に関する「鳥取」地名は日本各地にあり、
因幡国邑美郡の鳥取郷もその一つで、
これが「鳥取県」の県名の由来となっている。
鳥取部の本拠地は現在の大阪府柏原市といい、
同市には天湯河田神社がある。
ちなみに岐阜の花鹿山より縵を投げ創建されたと伝える神社は
愛知県一宮市の阿豆良神社である。

鳥取山田神社近隣には天台宗の古刹 員弁寺があったが
現在は廃寺。
員弁寺の仏像等の一部は近隣の浄源寺(東員町)、
圓光寺(東員町)に移された。

例祭日は10月10日。2016年3月23日参拝。駐車可。
大変素晴らしい神社でした。


[PR]
by sionozaki | 2016-03-29 14:12 | 三重県(163) | Comments(0)
<< 浄源寺(東員町) 福泉寺(東員町) >>