大仙寺(八百津町)

岐阜県加茂郡八百津町八百津は大仙寺。
国道418号「八百津公民館前」を北へ向かう。
臨済宗妙心寺派。臨滹山。本尊 釈迦如来。
c0182455_11401204.jpg
創建は不詳だが、
寛政元年(1461年)如幻尼が黒瀬に建立した不二庵が前身という。
もと臨済宗南禅寺派寺院で、
明応9年(1501年)東陽英朝禅師再住の時 臨済宗妙心寺派に改宗した。
臨済宗寺院としては県下屈指の規模で、
多治見の永保寺、美濃賀茂の正眼寺とともに美濃三道場という。
背後の山を大仙寺山と称し、大仙寺山には磐座があるという。
山号の臨滹山の読みは「りんこ」山。
c0182455_11412011.jpg
大仙寺釣手型縄文土器、大仙寺愚堂東寔書跡、
大仙寺叭叭鳥対図、大仙寺達磨図、
大仙寺絹本墨画蘭石図、大仙寺絹本著色東陽英朝禅師図、
大仙寺東陽英朝書跡は岐阜県指定重要文化財。
多治見市の永保寺、八百津町の明鏡寺、正傳寺(八百津町)、
土岐の崇禅寺、七宗町の龍門寺など岐阜県には
臨済宗の重要な寺院が多いように思います。

2016年3月10日参拝。駐車場あり。
近隣に同宗同派の南陽寺(八百津町)、
西山浄土宗の善恵寺、神明神社(八百津町八百津3329)、
熊野神社(八百津町)、高野山真言宗の東光寺(八百津町)などがある。


[PR]
by sionozaki | 2016-03-26 11:42 | 岐阜県(180) | Comments(0)
<< 明鏡寺(八百津町) 芳春寺(越前市) >>