身隠山古墳群

岐阜県可児市広見は身隠山古墳群。
読み「みかくしやま」。
身隠山御嶽古墳、身隠山白山古墳からなる。
c0182455_19362079.jpg
写真は身隠山御嶽古墳。
ともに円墳で、
墳頂に祀られていた神社の名前により
身隠山御嶽古墳、身隠山白山古墳という名がつけられた。
身隠山御嶽古墳は高さ約4.5m、
内行花文鏡、玉類などが出土した。
身隠山白山古墳も高さ約4.5m、
内行花文鏡、車輪石、石製品などが出土。
時期は共に4世紀後半。
昭和32年 岐阜県史跡に指定。

2016年3月10日訪問。
辺りは公園として整備され、公園全体の駐車場がある。
古墳の場所は少し分かりにくいと感じました。
身隠山古墳という名称がとても奥ゆかしいと思います。
近隣に廣見神社(可児市)、
臨済宗妙心寺の中川寺などがある。


[PR]
by sionozaki | 2016-03-15 19:37 | 古墳・陵墓(17) | Comments(0)
<< 洞興寺(御嵩町) 廣見神社(可児市) >>