伊奴神社

名古屋市西区稲生町は伊奴神社。読み「いぬ」。
国道41号「萩野通1北」交差点を北へ向かう。
延喜式神名帳尾張国山田郡の伊奴神社に比定される。
c0182455_17345293.jpg
祭神は素戔嗚命、大歳神、犬姫神。
白鳳2年(673年)の創建と伝える。
白鳳2年この地で収穫された稲を皇室に献上し社殿を建立と伝える。
境内社に稲荷社、天神社、日枝社、
大杉社、春日社、白龍社がある。
明治5月郷社指定。明治40年神饌幣帛料供進神社指定。
尾張の神社に多い蕃塀を有する。

例祭日は10月10日。2015年9月2日参拝。駐車場あり。
近隣に法華宗陣門流の妙本寺(名古屋市西区)がある。

参拝の記録
干支に因んだ神社名として知られる。伊努神社とも。
境内社の白龍社について「白龍社」と称する社が
名古屋市周辺に多いと感じています。

当日の参拝経路
伊奴神社ー御器所八幡宮神宮寺(名古屋市昭和区)


[PR]
by sionozaki | 2015-09-24 16:37 | 愛知県(305) | Comments(0)
<< 御器所八幡宮 八柱神社(豊田市木瀬町) >>