摩訶耶寺

静岡県浜松市北区三ヶ日町摩訶耶
(旧引佐郡三ヶ日町摩訶耶)は摩訶耶寺。
国道301号「三日池」交差点付近を北東へ向かう。
高野山真言宗。大乗山宝池院。本尊 聖観音。
また境内に津島神社(摩訶耶寺境内社)がある
c0182455_08550258.jpg
創建は726年(神亀3年)で開基は行基と伝える。
もと引佐町井伊谷にあり新達寺と称していたが、
千頭峯に移り真萱寺と改称、
その後平安時代末期に現在地に移動した。
昭和20年代 瓦製五重塔が発掘された、
高さ約2mのもので現在は奈良博物館に寄託されているという。
平安時代末期から鎌倉時代にかけて庭園が造られ、
古典的な技法を用いている点で貴重である。

摩訶耶寺庭園は静岡県指定名勝。
木造不動明王立像、木造千手観音立像、
木造阿弥陀如来坐像及び木造金剛力士像などを有し
木造不動明王立像、木造千手観音立像は国指定重要文化財、
阿弥陀如来坐像及び木造金剛力士像は静岡県指定重要文化財。
木造不動明王立像は平安時代中期、
木造千手観音立像は鎌倉時代、
木造阿弥陀如来坐像及び金剛力士像は平安時代の作である。
尚 本尊の聖観音像は秘仏となっている。

2015年3月2日参拝。駐車場あり。庭園の観覧は有料。
近隣に浜名惣社神明宮、初生衣神社などがある。


[PR]
by sionozaki | 2015-03-10 01:52 | 静岡県(33) | Comments(0)
<< 浜名惣社神明宮 三明神社(蟹江町) >>