渓雲寺(多治見市)

岐阜県多治見市笠原町栄(旧土岐郡笠原町栄)は渓雲寺。
臨済宗妙心寺派。岐阜県道13号線沿いにある。

同名寺院に渓雲寺(東近江市)などがある。
c0182455_21294616.jpg
1653年(承応2年)の創建で、土岐市の崇禅寺の末寺。
渓雲寺涅槃図、渓雲寺古瀬戸灰釉四耳壺は
ともに多治見市指定有形文化財。
涅槃図は元禄16年(1703年)應需観動の作で、
大きさは縦196m、横121cmである。
渓雲寺古瀬戸灰釉四耳壺は旧笠原町内で出土したもので、
時期は14世紀前半、ほぼ完全な形のもので貴重という。

2015年2月5日参拝。駐車場あり。
近隣に天台宗の心性寺(土岐市)などがある。


[PR]
by sionozaki | 2015-02-20 21:28 | 岐阜県(143) | Comments(0)
<< 春日神社(土岐市妻木町) 大性院(土岐市) >>