軽野神社(愛荘町岩倉)

滋賀県愛知郡愛荘町岩倉(旧愛知郡秦荘町岩倉)は軽野神社。
延喜式神名帳近江国愛智郡の軽野神社の論社。
国道307号「松尾寺」信号機を西へ。秦川保育園の向かい。
他の論社は軽野神社(愛荘町蚊野)
旧県社。湖東三山の一 金剛輪寺は当社の神宮寺である。

c0182455_12323799.jpg
祭神 袁邪本王、彦坐王。
また合祀祭神は天児屋命、応神天皇、宇多天皇、倉稲魂命、
菅原道真、久久能智神。
創建は第10代崇神天皇の御世という。
第13代成務天皇の御世 軽我津公(かるあびこのきみ)は
軽野地三千代を御供奉として奉納、
貞観8年(866年)清和天皇は五穀豊穣の祈願を行ったという。
社名 「軽野」は軽我津公に由来すると思われる。
近世は「春日大神」、「春日大明神」と称していた。
ほか「堅井之大宮」ともいう。
神宮寺は金剛輪寺(天台宗)である。
明治9年軽野神社と改称。明治14年郷社指定。大正12年県社指定。

例祭日は4月19日。2014年11月21日参拝。駐車可。
一時 愛荘町蚊野の軽野神社と混同していました。
近隣に臨済宗永源寺派の仏心寺があり仏像は国重文。


[PR]
by sionozaki | 2015-01-06 12:46 | 滋賀県(144) | Comments(0)
<< 十二相神社(多賀町) 安孫子神社 >>