猪名部神社(東員町)

三重県員弁郡東員町北大社は猪名部神社。読み「いなべ」。
国道421号「鳥取(沢)」交差点を南西へ、
または国道365号「大社南詰橋」を東へ向かう。
延喜式神名帳の伊勢国員弁郡の猪名部神社の論社。
他の論社は猪名部神社(いなべ市)。
c0182455_11552601.jpg
祭神 伊香我色男之命、須佐之男命、天照大御神。
創建は不詳だが延喜式神名帳記載の古社である。
境内にある多くの古墳と当社の創建は深い関わりがあり、
境内最大の古墳について諸説あるが猪名部氏の墓という。
猪名部氏は摂津国川辺郡(現在の兵庫県猪名川町付近)から
大和を経て当地に至った豪族といい、
伊香我色男之命は瓊々杵尊の兄で饒速日命の6世という。
地名の「員弁郡」はこの猪名部氏に由来している。
延喜元年(901年)成立の「日本三代実録」貞観元年(859年)
正月二十七日の条に正五位上の神階の記述がある。
境内社に瑞穂神社がある。明治6年村社指定。
上げ馬神事は毎年4月第一土・日曜日に行われ、
馬が崖を駆け上がる。
上げ馬神事は多度大社でも行われ著名である。拝殿。
c0182455_22270660.jpg
延喜式神名帳伊勢国員弁郡には鴨神社、石神社、平群神社、
多奈閇神社、猪名部神社、鳥取神社、鳥取山田神社、
大谷神社、賀茂神社、星川神社の以上10坐が記されている。

例祭日は10月8日。2014年3月21日参拝。駐車場は不明。
非常に素晴らしい神社と思います。
近隣に真宗本願寺派の長伝寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2014-05-14 22:27 | 三重県(170) | Comments(0)
<< 八幡社(武豊町富貴) 殖栗神社(四日市市) >>