殖栗神社(四日市市)

三重県四日市市西村町は殖栗神社。読み「えぐり」。
国道365号「新小牧橋南詰」交差点を西へ、
四日市市立保々小学校、保々中学校の北側にある。
延喜式神名帳の伊勢国朝明郡の殖栗神社に比定される。
同名社に殖栗神社(桜井市)があり、

一宮市には近い名称の神社 削栗神社がある。
c0182455_09100875.jpg
祭神は天児屋命、天照大神、素盞嗚命、市杵島姫命、
天穂日命、応神天皇、蛭子命、大山祇命、殖栗連など。
創建は709年(和銅2年)と伝え、
殖栗連(えぐりのむらじ)に関わる神社である。
もと四日市市保々市場町の竹千代という地に鎮座していたが、
明治44年に現在地に遷座した。
明治6年村社に指定。
明治39年神饌幣帛料供進神社に指定。拝殿。

c0182455_22043648.jpg
朝明郡の式内社は井後神社、移田神社、石部神社、井手神社、
穂積神社、能原神社、布自神社、多比鹿神社、志弖神社、
長谷神社、苗代神社、長倉神社など24坐ある。

例祭日は10月10日前後。2014年3月21日参拝。裏手に駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2014-05-14 22:08 | 三重県(174) | Comments(0)
<< 猪名部神社(東員町) 井手神社 >>