多美河津神社

愛知県豊川市宿町宮脇(旧宝飯郡小坂井町宿宮脇)は多美河津神社。
読みは「たみかわつ」。
旧小坂井町の国道1号「小山」と「宮下」交差点区間の国道を逸れた道に鎮座。
c0182455_12180288.jpg
祭神 朝廷別王(みかどわけのみこ)、多美河津天神。
朝廷別王の母は丹波之河上之摩須郎女(たにわのかわかみのますのいらつめ)。
創建は仁徳天皇の頃(境内由緒板)といい、
鎌倉時代の文書である三河国神名帳には「従五位上多美河津天神」とある。
古く当社は「牛頭天王社」・「天王社」と呼ばれ、
慶長期の棟札にも「牛頭天王」の名があるが、
当社はもと朝廷別王を祀り、須佐之男命はのちの勧請であろうという(由緒板)。
境内社に石神社、神明社、山神社がある。

例祭日は7月の第2土、日曜日。2014年2月4日参拝。駐車可。
非常に素晴らしい神社で、三河の神社をたくさん見たい気になりました。

[PR]
by sionozaki | 2014-03-23 12:50 | 愛知県(102) | Comments(2)
Commented by hamapg at 2016-01-04 23:28
東三河の神社はいいですよね。
Commented by sionozaki at 2016-01-05 00:56
>hamapgさん
コメントありがとうございます。
そうですね。以前東三河を通った際に佐脇神社、
引馬神社などが目に入りましたが、
いずれも古社の雰囲気が漂っていました。
今年 赤日子神社を始め、蒲郡・豊橋・豊川方面に
足を運びたいと思っています。
<< 神明社(西尾市鎌谷町北屋敷) 兵主神社(豊田市) >>