佐佐婆神社

兵庫県篠山市畑宮(旧多紀郡篠山町畑宮)は佐佐婆神社。
国道372号「八上上」または「八上内」交差点を北へ、
篠山川を越えた先
に位置する。読み「ささば」。旧県社。
延喜式神名帳丹波国多紀郡にある佐佐婆神社に比定される。
c0182455_09365366.jpg
祭神 天忍穂耳尊、応神天皇、後鳥羽天皇、天児屋命、
表筒男命、中筒男命、底筒男命。
第7代孝霊天皇の勅命により創立されたと伝え、
日子坐王の子 佐佐君の祖神志夫美宿弥一族を奉斎した神社である。
もと当社の北西にある八百里山に鎮座していた。
延応元年(1239年)後鳥羽天皇が崩御した際には、
仁和寺宮法親王、准后の作った霊代を当社相殿に祀るなど
古来から皇室の崇敬を受けた。
近世は「楽々庭明神」と称していた。
境内の丹波太神宮は明治維新の際、
政府が三丹州の鎮祭の為に神宮より天照大御神を分霊したものである。
神宮寺に願成就寺があった。大正10年県社指定。
佐佐婆神社の公孫樹は、
垂乳根の公孫樹といい樹齢は1000年ともいう。
社名の「ささば」の語源については諸説あり、
神楽の際に手に持つ小竹の葉に関するものという説と、
神の祭祀場の説とがある。
c0182455_08212746.jpg
延喜式神名帳丹波国多紀郡には櫛石窓神社、神田神社、
川内多々奴比神社、大売神社、佐佐婆神社、
二村神社、熊按神社の9坐が記されている。

例祭日は10月6日。丹波太神宮祖霊祭は3月21日、9月23日。
2013年11月12日参拝。駐車可。
たいへん素晴らしい神社でした。

[PR]
by sionozaki | 2014-01-26 08:19 | 兵庫県(68) | Comments(0)
<< 松森天満宮(篠山市) 二村神社(篠山市真南条中) >>