天目一神社

兵庫県西脇市大木町は天目一神社。読みは「あめのまひとつ」。
延喜式神名帳播磨国多可郡の天目一神社に比定。
式内天目一神社の所在地は多可町加美区の的場とする説があり、
明治末に学者や地元神職界らにより調査、研究が行われた。
その末にこの大木町に決定された。この地には当時惣堂天王社があった。
c0182455_17224350.jpg

祭神は天目一箇命。また大雀命、日本武命、天穂日命、大年神。
式内天目一神社は戦乱により社殿を消失した。
天目一箇命は鍛冶の祖神であり、この神名を冠する神社が西脇にあるということは
この地が古代から鍛冶に関する高度な技術を持っていたことを示すものである。
実際に当社付近から熔鉄・熔銅や祭具の破片が出土している。
社頭に天目一神社・平野神社とあるが、
平野神社は平野山東山麓から遷したもので、当社再建に合わせて合祀した。

例祭日は10月10日。2013年11月11日参拝。駐車可。
[PR]
by sionozaki | 2014-01-13 17:51 | 兵庫県(68) | Comments(0)
<< 加都良神社(多可町中区岸上) 蛭子神社(西脇市黒田庄町) >>