住吉神社(加東市上鴨川)

兵庫県加東市上鴨川(旧加東郡社町上鴨川)は住吉神社。読みは「すみよし」。
篠山市と加古川市を結ぶ国道372号の「上鴨川」信号機の南側に位置する。
国指定重文の本殿を有し、古い形態の宮座制度を残す神社として著名である。
延喜式神名帳播磨国賀茂郡の住吉神社の論社。
他の論社は加東市下久米、小野市垂井の住吉神社であるが、当社が有力である。
c0182455_1663883.jpg
祭神は住吉社の祭神の上筒之男命、中筒男命、底筒男命と息長足姫命。
創建は不詳である。
重要文化財の本殿は1316年(正和5年)の建立、
1434年(永享6年)には建て替えが行われた。
更に1493年(明応2年)に再々建された(歴史地名大系、平凡社)。
「住吉神社神事舞」は国指定の重要無形民俗文化財。
神事舞は御神楽、獅子、田楽の舞などがあり、
毎年の第一土、日曜日に行われる。
長男は7歳前後になると宮座入りし、
諸役や禰宜、神主を経験する。
中世以来の村組織を研究する上で貴重なものである。
神事に用いられる能面も県指定の文化財。

例祭日不明。2013年11月11日参拝。駐車可。
素晴らしい神社と思いました。

[PR]
by sionozaki | 2014-01-13 16:15 | 兵庫県(68) | Comments(0)
<< 大津神社(西脇市) 安楽寺(西脇市) >>