波々伯部神社

兵庫県篠山市宮ノ前(旧多紀郡篠山町宮ノ前)は波々伯部神社。
国道372号の「上宿」交差点付近。
宮ノ前公民館の近く。旧県社。読み「ほうかべ」。
c0182455_9352638.jpg
祭神 素戔嗚命。
創建は定かでなく第40代天武天皇9年(680年)という説や
貞観年間(859年~877年)という説があり、
山城国 八坂神社からの勧請であるともいう。
波々伯部について「ほうかべ」のほか
「ほほかべ」、「ははきべ」などと読まれるが、
これらは亀卜に用いる「ハハカ」という木の名称に由来する。
古代 このハハカを朝廷に献上したといい、
「波波伯部」とはハハカを朝廷に献上する部民のことである。
承徳2年(1098年)当村より
山城国 祇園社(八坂神社)に寄進し祇園社領となる。
このことから「丹波の祇園さん」と称される。

波々伯部神社おやま行事は国選択民俗無形文化財。
波々伯部神社祭礼操り人形は兵庫県指定有形文化財。
波々伯部神社青銅鳥居、
波々伯部神社障壁画、薬師三尊懸仏は篠山市指定文化財。
その他境内に薬師堂があり、仏像を安置する。
波々伯部神社おやま神事は3年ごとに行われ、
おやま(キウリヤマ)の上で人形戯(デコノボウ)が行われる。
綺麗な写真がないので、次回参拝時に掲載します。

例祭日は8月5日。2013年11月10日参拝。駐車場あり。
非常に素晴らしい神社と感じました。
この日天候が悪かったことがに残念です。
近隣に母上八幡神社、筒井神社などがある。


[PR]
by sionozaki | 2014-01-13 09:35 | 兵庫県(68) | Comments(0)
<< 磯宮八幡神社 八幡神社(南丹市園部町天引) >>