軽野神社(愛荘町蚊野)

滋賀県愛知郡愛荘町蚊野(旧愛知郡秦荘町蚊野)は軽野神社。
国道307号「松尾寺」交差点を西へ、
軽野神社(愛荘町岩倉)を南に向かう。旧郷社。
延喜式神名帳近江国愛智郡の軽野神社の論社。
他の論社は軽野神社(愛荘町岩倉)。社号標と社叢。
c0182455_12151138.jpg
祭神は袁邪本王(おざほのおおきみ)、彦坐王、玉依姫命。
創建は不詳。
袁邪本王は開化天皇の孫。
奈良・平安時代は興福寺の寺領であり「春日大明神」と称した。
京都 葛野郡に居住した氏族が当地に移り住み、
創建したものと考えられるという。
付近に大安寺などがあり祭祀は寺僧が司った。
明治14年軽野神社に改称。また同年郷社指定。
c0182455_17573469.jpg
軽部神社(蚊野)本殿は愛荘町指定重要文化財。
三間社春日造で棟梁は米原市顔戸の羽淵四郎次家である。
1725年(享保10年)の棟札が残る。

例祭日は4月第三土曜日。2013年10月13日参拝。駐車場あり。
一時 愛荘町岩倉の軽野神社と混同していました。
近隣に蚊屋野神社、八坂神社(愛荘町蚊野)などがある。


[PR]
by sionozaki | 2013-10-26 17:59 | 滋賀県(159) | Comments(0)
<< 天日神社(東近江市) 山津照神社古墳 >>