伊多波刀神社

愛知県春日井市上田楽町は伊多波刀神社。読みは「いたはと」。
延喜式神名帳尾張国春日部郡の伊多波刀神社に比定される。
愛知県内では熱田神宮、大県神社、国府宮、真清田神社、津島神社、兔足神社など
砥鹿神社以外の大社は全て見てきたと思っていたが、当社も相当大きな神社だった。
まず参道が長く、社殿の規模、荘厳さが果てない。旧県社。
c0182455_216613.jpg

主祭神は高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)。また息長足姫命、
誉田別命、玉依姫命、大山祇命、伊豆乃売命、市杵島姫命。
一般的な神社で造化三神(三神の一 高皇産霊尊)を祀ることは珍しい。
境内社に津島社、熱田社、白山社、秋葉社、愛宕社、多度社、浅間社などがある。
社伝によると創建は景行天皇42年8月15日の創建という。
景行天皇42年は西暦に当てると112年であり、極めて古い神社である。
八幡三神を祀ることから「八幡宮」と称されていたが、
明治になり神名帳にある「伊多波刀神社」に改称された。

伊多波刀神社流鏑馬は秋の例祭に行われるもので、
市指定の民俗文化財となっている。
春日井市の式内社(論社)は他に和爾良神社、朝宮神社がある。
例祭日は10月10日。2013年10月1日参拝。駐車場不明。
[PR]
by sionozaki | 2013-10-10 15:17 | 愛知県(294) | Comments(0)
<< 名古屋市~滋賀県米原市、彦根市... 八柱神社(豊田市八草町) >>