須倍神社

静岡県浜松市北区都田町は須倍神社。
国道362号「金指駅前」―「藤渕橋」交差点区間。
天竜浜名湖線 常葉大学前駅の北東に位置する。旧郷社。
c0182455_1513191.jpg
祭神 天照大御神、豊受大神。
ほか天手力男命、天児屋命、菅原道真、応神天皇、
思兼神、保食神、神武天皇、日本武尊など。
創建は887年(仁和3年)と伝える。
当地は伊勢神宮の「都田御厨」が置かれた場所である。
もと上都田須部に上宮(内宮)、下都田中津に下宮(外宮)があったが
902年(延喜2年)両宮を現在地に遷座、
須倍神社、または神明宮と称した。
境内社に秋葉社、津島社などがある。
明治7年周辺の神社69社を合祀した。
c0182455_06525323.jpg
明治6年郷社指定。明治40年神饌幣帛料供進神社指定。
昭和25年社殿を改修。
延喜式神名帳遠江国引佐郡には乎豆神社、二宮神社、蜂前神社、
須倍神社、大敏神社の以上6坐が記されている。

例祭日は10月17日。2013年7月参拝。駐車可。
近隣に御岳神社、社宮神社などがある。


[PR]
by sionozaki | 2013-07-27 15:39 | 静岡県(33) | Comments(0)
<< 若倭神社(浜松市浜北区) 乎豆神社 >>