甚目寺

愛知県あま市甚目寺東門前(旧海部郡甚目寺町東門前)は甚目寺。
式内社 漆部神社が隣接する。
真言宗智山派。鳳凰山。本尊 聖観音。
c0182455_16355517.jpg
もと天台宗寺院で597年(推古天皇5年)の創建と伝える。
推古天皇5年甚目連龍麿(はだめたつまろ)という漁夫が
観音像を海から広い草庵を結んだという。
この「甚目」という名より甚目寺と命名された。
のち勅願寺となり伽藍が整えられた。
甚目寺南大門、甚目寺三重塔、甚目寺東門、
絹本著色不動尊像は国指定重要文化財。

2013年7月参拝(過去3度参拝済み)。駐車場あり。

[PR]
by sionozaki | 2013-07-09 22:50 | 愛知県(300) | Comments(0)
<< 漆部神社 駒塚神社 >>