味鋺神社

名古屋市北区楠味鋺は味鋺神社。読み「あじま」。
国道302号「池花町」交差点を南へ向かう。
延喜式神名帳尾張国春日部郡の味鋺神社に比定される。
護国院(名古屋市)に隣接して鎮座する。旧郷社。

c0182455_13533434.jpg
祭神 宇麻志麻治命、天児屋命、日本武尊、天照大御神、
武甕槌命、誉田別命。
宇麻志麻治命は味間見命(うましまみのみこと)とも称し物部氏の祖神。
命は尾張国、三河国、美濃国を平定、
石見国の物部神社で亡くなったというが、当社は物部氏の神社である。
創建は不詳。
近世は「六所神社」と称していた。
文明12年(1480年)の書物には熱田神宮の末社であると記されている。
境内社に熱田社、神明社、日神社、金刀比羅社、
天神社、山神社、斎宮社、稲荷社、秋葉社、洲原社、津嶋社がある。

c0182455_22453821.jpg
この付近には味美二子山古墳、味美白山神社古墳、味美春日山古墳など
「百塚」といわれる程に古墳が多い。
古く宇麻志麻治命やその子 味鋺田命の子孫は尾張国で勢力を持ったが、
この付近の古墳は宇麻志麻治命に関わるものが多い。
このうち国史跡 味美二子山古墳は6世紀前半の前方後円墳、
古墳山頂の白山神社は味鋺の白山藪古墳から遷座という。
古墳からは鉾、形象埴輪や須恵器などが出土された、
現在は京都博物館に寄託されている。

隣接の護国院は真言宗智山派、
天平年間(729年~748年)創建の古寺で開基は行基という。

例祭日10月の体育の日。2013年6月参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2013-06-27 21:33 | 愛知県(303) | Comments(0)
<< 羊神社(名古屋市) 八幡神社(みよし市黒笹町1丁目) >>