篠座神社

福井県大野市篠座は篠座神社。読み「しのくら」。
国道158号「茜町」交差点付近。旧県社。
延喜式神名帳越前国大野郡の篠座神社に比定される。
また境内の磐坐神社は延喜式神名帳越前国大野郡の磐座神社の論社。
他の論社は八幡神社(福井市大宮町)。
c0182455_12284877.jpg
祭神 大己貴命。相殿に豊受姫神、少彦名命、木花咲耶姫命。
また合祀祭神に誉田別命。
創建は717年(養老元年)と伝える。
養老元年 越の大徳 泰澄は白山登山を思い立ち麻生津(現在の福井市麻生津)を出て
大野の地に辿り着き、10日間程逗留したという。
同年6月に泰澄は白山に登頂 その後この大野篠座の地に戻り
神よりの信託があったとして祠をつくったという。
境内社の磐坐神社は延喜式神名帳越前国大野郡の磐座神社の論社。
天女ヶ池の上に鎮座し祭神 市杵嶋姫命。眼病に効くという。
平安時代に牛ヶ原の弁天様もこの社に合祀と伝える。
文政年間(1818年~1830年)現在地に遷座という。
篠座神社は明治5年郷社指定。明治8年県社指定。
c0182455_1573650.jpg
社殿後方には飯降山(いふりやま、標高884m)が聳え、
もと当社はこの山を神体とする神社とみる向きもある。
「まんが日本昔ばなし」では、この飯降山で修行する尼の話がある。

例祭日は4月20日、21日。10月10日は眼の祈願祭がある。
2013年4月参拝。駐車場あり。
近隣に磐座神社(大野市糸魚町)、真宗誠照寺派の養休寺がある。


[PR]
by sionozaki | 2013-04-25 23:51 | 福井県(89) | Comments(0)
<< 白山神社(勝山市北郷町上森川) 国生大野神社 >>