猪田神社(伊賀市下郡)

三重県伊賀市下郡は猪田神社。読み「いだ」。
延喜式神名帳伊賀国伊賀郡の猪田神社の論社。
もう一つの論社は猪田神社(伊賀市猪田)。

c0182455_558692.jpg
祭神は猪田神(主祭神)、住吉三神など。
創建は784年(延暦3年)。
猪田神はこの地の国造の伊賀都別命(いがつわけのみこと)と
同神であると考えられるという。
伊賀都別命は垂仁天皇の皇子 意知別命(おちわけのみこと)の三世の孫。
神社前には矢田川が流れるが、
堰が残り古くは水神・水分神を祀る神社だったと考えられるという。
住吉三神は784年(延暦3年)の勧請で、
勧請元は現在の住吉大社である。

本殿は一間社流造の桧皮葺で、三重県指定重要文化財。
棟札が2つ残るものの建立は1604年(慶長9年)とみられる。
昭和48年神社の後部から経塚が発見された。

例祭日は10月28日。2012年2月20日参拝。駐車場あり。

[PR]
by sionozaki | 2013-03-25 06:36 | 三重県(164) | Comments(0)
<< 阿保親王陵(伊賀市) 依名古神社 >>