阿紀神社

奈良県宇陀市大宇陀迫間字阿騎野(旧宇陀郡大宇陀町迫間字阿騎野)は
阿紀神社。読み「あき」。旧県社。
国道166号と国道370号が交差する「拾生」交差点を北へ、
大宇陀地域事務所や宇陀高校の辺りを西へ入る。
この辺りは田圃と住宅が入り混じった地区で神社への道は分かりにくい。
延喜式神名帳大和国宇陀郡の阿紀神社に比定される。
c0182455_22114168.jpg
祭神 天照大御神(主祭神)。
また天手力男命、秋姫命、思兼命、瓊々杵命を配祀する。
古来は天照大御神、瓊々杵命、高皇産尊を
祀ったと考えられるという。
秋姫命は宇陀を開拓した大国主命の孫姫という。
天照大御神は同殿同床からの脱却のため安住の地を求め諸国を巡るが、
「皇太神宮儀式帳」では美和御諸原の後、
菟田の阿貴宮に遷り、次に佐々波多宮、伊賀の空穂宮と続く。
「倭姫命世紀」では笠縫邑の後、
丹後国吉佐宮、次に大和国伊豆加志本宮に遷り、
次に紀伊国奈久佐浜宮、吉備国名方浜宮、大和国弥和乃御室嶺上宮、
大和国宇多秋宮、そして大和国佐佐波多宮、伊賀国市守宮、伊賀国穴穂宮、
近江国坂田宮、美濃国伊久良賀波乃宮、伊勢国野代宮と続く。
この「兎田の阿貴宮」・「宇多秋宮」が当社に比定される。
c0182455_0375529.jpg
近世は「神戸大明神」と称していた。
本殿は神明造。明治35年県社指定。


当社北側に高野山真言宗の天益寺があり
神宮寺とみられる。天益寺は薬師如来を本尊とする古い寺院。
また歩いてすぐの山上に「高天原」と称する
阿紀神社旧社地が存在する。
山へは徒歩5分程。山頂の林の中に石の囲いが残る。

例祭日は10月17日。2012年11月14日参拝。駐車可(田舎)。
今年(平成24年・2012年)参拝した神社の中では
神倉神社、阿須賀神社(新宮市)、日置神社(高島市)、
御杖神社、揖夜神社、美保神社(松江市)、中臣崇健神社、
大野見宿禰命神社、若桜神社(鳥取県若桜町)、舂米神社(若桜町)、
波波伎神社とともにたいへん素晴らしい神社でした。


[PR]
by sionozaki | 2012-12-06 00:54 | 奈良県(40) | Comments(0)
<< 鏡作麻気神社 黒瀧神社(松阪市) >>