大野見宿禰命神社

鳥取県鳥取市徳尾は大野見宿禰命神社。
読み「おおのみのすくねのみこと」。旧郷社。
延喜式神名帳因幡国高草郡の同名社に比定される。
徳尾地区は鳥取駅から千代川を挟んでちょうど西側の地区。
国道9号と29号の交差する「南隈」交差点の南、
国道29号線「徳尾」信号機を東へ、左手に鳥居が見える。
c0182455_13463597.jpg
祭神 大野見宿禰命(野見宿禰命)。
合祀などはなく、古来よりこの神一坐であった。
この神は天穂日命14世の孫で、相撲起源譚の神である。
日本書紀には大野見宿禰命が大和国當麻の当麻蹴速(たぎまのけはや)と
力比べを行い、その結果殺してしまった話が載る。
その後大野見宿禰命は領地を授かり天皇に仕えたという。
近世は「大野見大明神」と称していた。
明治元年郷社指定。明治40年神饌幣帛料供進神社指定。
鳥居をこえて右手にある建物には「月」が描かれていた。
c0182455_13562336.jpg

長野県東筑摩郡筑北村の日置神社の「太陽」の紋を思い出す。
c0182455_1431134.jpg
シイ、タブなどに覆われた社叢は国指定の天然記念物。
社殿横の古墳からは石棺が発見され、
この古墳は大野見宿禰命の墓であると伝えられる。
因幡国高草郡の式内社は当社、天穂日命神社、倭文神社、
阿太賀都健御熊命神社、伊和神社(鳥取市)、
天日名鳥命神社、大和佐美命神社の以上7坐である。

例祭日は4月13日、または4月13日前後の日曜日。
2012年11月4日参拝。駐車場は恐らくなし。
たいへん素晴らしい神社でした。

[PR]
by sionozaki | 2012-12-01 13:48 | 鳥取県(22) | Comments(0)
<< 宇倍神社 賀露神社 >>