波波伎神社

鳥取県倉吉市福庭は波波伎神社。読み「ははき」。
伯耆国二宮(ただし大神山神社も二宮とされる)。
市内の国道179号「河北町」信号機を東へ。倉吉北高校の東側。
延喜式神名帳伯耆国河村郡の波波伎神社に比定される。
c0182455_4503961.jpg
祭神 事代主命(主祭神)、
また下照姫命、天稚彦命、少彦名命、建御名方命など。
創建は不詳。
社名の「ははき」は伯耆国(ほうきのくに)の「ほうき」に通じる。
834年(承和4年)に従五位下の神階を受け、
伯耆国に於いて早い段階で神階授与があることが注目されるという。
神社は太平山の西山麓に位置するが、
この付近には多数の古墳が存在する。
その一つ福庭古墳(鳥取県指定史跡)は当社境内にあり、
当社との関連が指摘される。
福庭古墳は古墳時代後期の前方後円墳、
奥壁に赤色の染色痕があり注目される(由緒板)。
1543年(天文12年)に天災により社殿を失い、
それから暫く復興されなかった(日本の神々、白水社)。
復興は1628年(寛永5年)に氏子らにより行われた。社殿。
c0182455_2175864.jpg
当社は波波伎氏と関係が深かったと考えられ、
代々社家を勤める船越氏は波波伎氏の子孫という。
また船越氏に伝わる伯耆薬という薬があった(歴史地名大系、平凡社)。
隣接して
洞光寺(倉吉市)がある、
「日本の神々」によれば神宮寺か不明という。

例祭は10月13日。2012年11月3日参拝。駐車場なし。
近くに車をとめると、他県ナンバーだからか不審に思われた。
2012年(平成24年)参拝した神社の中では
神倉神社(新宮市)、阿須賀神社、田村神社(甲賀市)、沙沙貴神社、
日置神社(高島市)、佐波加刀神社、揖夜神社、美保大社、
中臣崇健神社、若桜神社(若桜町)、舂米神社と
ともにたいへん素晴らしい神社でした。


[PR]
by sionozaki | 2012-11-29 02:00 | 鳥取県(22) | Comments(0)
<< 洞光寺(倉吉市) 住吉神社(大山町) >>