三重県伊勢市~岡山県美作市、鳥取県鳥取市、島根県松江市  国道368号・373号・9号・431号・29号・482号

11月始めの大学の文化祭の間、
学部生でなく特に関わらないので、4泊で神社巡りに出掛ける。
夏休み期間中は名古屋で働くだけだったから、
今回の休暇は楽しみのために使ってみる。
行き先は鳥取県・島根県。
鳥取の大学に在学している友人と会うことになり鳥取県西部まで行ったので、
すぐ隣の島根県の観光もできた。

10月31日(水)の講義が終わってすぐ出発。
この日は奈良県大和郡山市内に宿泊。
2012年11月1日(木)。
奈良市宝来町から第二阪奈有料道路に入って
中国自動車道を経て鳥取自動車道大原ICへ。降りると国道373号。
c0182455_9133679.jpg
ここは岡山県英田郡西粟倉村筏津。
この日は大和郡山市から鳥取県米子市までの移動などがあって
殆ど観光できず。
米子駅で待ち合わせて、米子市内に住む小学校の時の友人宅に宿泊。

11月2日(金)は島根県の観光をする。
米子市から島根県内には思いの他すぐ入った。最初の自治体は安来市。
c0182455_917938.jpg
安来市に入ってすぐの「吉佐」信号機を南に行った所に
支布佐神社があるが、良く場所が分からず道も狭く断念する。
それから揖屋駅近くの揖夜神社、松江駅近くの売布神社などに参拝後
松江市美保の関町(旧八束郡美保関町)の美保神社に。
美保神社はおそろしい程の大社であった。美保の風景。
c0182455_9583147.jpg
それから国道431号にて境港市を経由し米子市に戻る。
この日も友人宅に宿泊、夜はお酒を飲みつつ昔の話をたくさんした。
この日の経路には能義神社や武内神社、阿太加夜神社など
見るべき神社が多かったが、余り下調べもしていなかった。

11月3日(土)の4日目は、鳥取市で宿泊する予定なので米子市を出る。
米子市内では宗像神社に行かず加茂天満宮に寄り、
旧淀江町の日吉神社、大山町の名和神社に参拝。
西伯郡大山町内を走る国道9号の風車風景。
c0182455_9453123.jpg
それから国道313号にて倉吉市内に入り、
この日の最大の目的地 波波伎神社に到着。社務所。
c0182455_231366.jpg
それから湯梨浜町を経て9号に戻って鳥取市に。
また姫路神社、板井神社など重要な神社を逃してしまった。
ホテルの位置が分からず鳥取駅前をぐるぐるしたが辿り着く。

11月4日(日)の5日目は最終日。帰路だから西側に向かうのは止める。
高速道路は兵庫の朝来ICまたは宍粟ICが一番近いので、八頭郡経由となる。
宇倍神社はちょうど七五三で混雑していた。
鳥取市古郡家の中臣崇健神社も深く感動するお社。
若桜町に入る手前の八頭郡八頭町南には「丹比」という集落があった。
c0182455_2452749.jpg
若桜町では若桜神社・意非神社に参拝。
この後間違って国道482号の兵庫県美方郡香美町方面に進む、
そのおかげで舂米(つくよね)神社に参拝できた。
c0182455_2535266.jpg
舂米神社からまた29号線に戻り、
暫く南下すると兵庫県宍粟市に入る。鳥取・兵庫県境の新戸倉トンネル。
c0182455_21361591.jpg
最後に宍粟市旧一宮町の伊和神社にも参拝できました。
5日間で合計1,000km以上走行しました。
今回程の旅行は簡単には実現できないので、本当に良かった。

今回は御杖神社、売太神社、粟倉神社、澳津神社、羽島神社、
揖夜神社、売布神社(松江市)、三保神社、美保神社、
加茂天満宮、日吉神社(米子市)、名和神社、住吉神社(大山町)、
波波伎神社、田後神社(湯梨浜町)、母木神社、富吉神社(鳥取市)、
白兎神社、賀露神社、大野見宿禰神社、宇倍神社、
中臣崇健神社、若桜神社(若桜町)、意非神社、舂米神社の25社、
佛谷寺、洞光寺の2ヶ寺を紹介します。
写真は合計700枚程撮りましたがまだ足りない気がします。
中高時代頃から写真好きだったけど、
その熱がまだまだ強いことを実感したので
もっと綺麗に撮ることのできる高いカメラを買おうと思います。

[PR]
by sionozaki | 2012-10-31 22:49 | 散策の記録・旅日記 | Comments(0)
<< 猿田彦神社(伊勢市) 賀多神社 >>