大妻神社

長野県松本市梓川倭(旧南安曇郡梓川村倭)は大妻神社。
松本と高山を結ぶ国道158「新村」交差点を北へ向かう、
その先「倭」交差点付近に鎮座。

c0182455_9443040.jpg
祭神 大妻太郎兼澄、建御名方命。
大妻太郎兼澄(おおつまたろうかねすみ)は、
鎌倉時代に大妻の地に居館を構えていた武士。
1221年(承久2年)の承久の乱の際、
大妻の地を所有していた後鳥羽上皇側に付き敗れ去ったという。
境内社に厳島社がある。
「大妻氏」は平安時代からこの地に存在した氏族で、
現在まで続いている。
大妻女子大学の創設者 大妻コタカ氏もこの大妻氏の血統である。

例祭日不明。2012年8月7日参拝。駐車場なし。
周辺に野々宮神社(松本市梓川倭)、薬師寺(宗派不明)がある。

[PR]
by sionozaki | 2012-08-29 10:16 | 長野県(88) | Comments(0)
<< 住吉神社(安曇野市三郷温) 八幡社(岡谷市) >>