武並神社(恵那市大井町)

岐阜県恵那市大井町は武並神社。読みは「たけなみ」。
恵那市内の国道19号線沿い鎮座する。金幣社。
c0182455_7335038.jpg
祭神は大己貴命、誉田別命、少名彦名命。
また脇社に天照大御神と天津彦根命を祀る。
創建は鎌倉時代というが不詳というが、
由緒書には資料がないとするも千年以上前という。
武並神社は旧岩村町内と周辺の村に7社あり、武並七社といっていた。
更に大井の5支社と合わせて武並十二社といった(歴史地名大系)。
戦国時代秀吉の朝鮮征伐の際、軍船の帆柱(檣)にしようと
鎌倉杉を切り倒そうとすると、
木の切り口から血がでて杣人は亡くなった(地名大系)。
由緒書には木でなくて、杣人から血が出たとする。
この木は昭和5年に台風によりなくなっている。
戦国時代兵火により社殿を焼失したが、1672年(寛文12年)再建。
本殿は国指定重要文化財。

例祭は10月の第3土曜日、日曜日。2012年8月3日参拝。駐車場あり。
[PR]
by sionozaki | 2012-08-29 07:35 | 岐阜県(53) | Comments(0)
<< 八幡社(岡谷市) 八幡神社(多治見市市之倉町) >>