白山比咩神社(津市白山町川口)

三重県津市白山町川口(旧一志郡白山町川口)は白山比咩神社。
川口白山比咩神社とも。この川口は銅鐸が出土した地。
東から行くと県道15号沿いの名松線伊勢大井駅を過ぎて、
トンネルを越えると、すぐ左手に鳥居が見える。
その鳥居をくぐって山路を登る。
その先に数台の駐車場と、神宮寺であった真言院がある。
c0182455_1655820.jpg
祭神は菊理姫命、伊邪那岐命、伊邪那美命、他16柱。
合併以前の町名「白山町」は、
白山比咩神が祀られてきたことに由来する。
町内には7つのこの神を祀る神社があるが、
当社だけが白山権現を祀ることから、
「正白山」といったという。
創建について、白山町上ノ村にある成願寺が有する
「白山妙理大権現本気記」によれば、
珍徳上人が諸国を巡った末に
1553年(文徳22年)に当社を創建したと書かれる。
しかし白山七社の他の神社の様相から、
当社の創建はそれより前に見るべきだという。
珍徳上人は同町南出の若宮八幡宮の社僧。
勧請元は加賀の白山比咩神社である。
真言院から下へ数分程歩いた所に「子授け岩」がある。

例祭は10月10日。2012年7月7日参拝。駐車場あり。
国道165号「倭1」交差点を南に入ると
南出の白山比咩神社がある、
また機会を作って参拝したいと思います。

[PR]
by sionozaki | 2012-08-02 16:57 | 三重県(139) | Comments(0)
<< 比々岐神社 月夜見宮(伊勢市) >>