花窟神社

三重県熊野市有馬町上地は花窟神社。
読みは「はなのいわや」。国道42号線に面して鎮座する。
巨石をご神体する神社であり、伊邪那美命の陵墓でもある。
c0182455_10491884.jpg

日本書紀には伊邪那美命は伊邪那岐命と国生みにおいて、
火の神である軻遇突智神(かぐつちのかみ、迦具土神とも書かれる)を産む際に
陰部を焼かれ亡くなる話がある。
火の神と女陰は、性行為が火を起こす時の行為と似ているという関連がある。
日本書紀には「故、紀伊国の熊野の有馬村に葬り祭る。
土俗、此の神の魂を祭には、花の時には亦花を以て祭る。
又鼓吹幡旗を用て、歌ひ舞ひて祭る。」と続き、
今でも毎年2月2日と10月2日にお綱かけ神事が行われる。

当社・有井駅西側に産田神社があり、
伊邪那美命を葬った地は本来産田神社ではないかという説もある。
また古事記では、伊邪那美命を出雲国と伯伎国の境にある
比婆山に葬ったとある。この名の山は広島県と島根県にある。

2012年5月20日参拝。駐車場あり。


[PR]
by sionozaki | 2012-07-07 11:15 | 三重県(172) | Comments(0)
<< 粥見神社 阿田和神社 >>