阿須賀神社

和歌山県新宮市阿須賀は阿須賀神社。
熊野速玉大社摂社。
読み「あすか」。背後に蓬萊山を擁する。

c0182455_18222872.jpg
祭神 熊野速玉大神、熊野夫須美大神、家津美御子大神、
加えて由緒書には事解男命。
また黄金道守神、建角身命を配祀する。
創建は第5代孝昭天皇の御代と伝える。

近隣の阿須賀遺跡は弥生時代から古墳時代の遺跡で、
居住跡や土器、土師器など多くの物が出土している。
現在は熊野速玉大社の摂社だが、
もとこの地域の神を祀る社であり、
熊野信仰の完成に従い関係のある神社と見られるようになった。
「熊野権現垂迹縁起」に依れば、熊野権現は始め九州の彦山に降臨し
その後四国、淡路そして牟婁郡の切部山に降り立った。
その後新宮の神倉山(前掲の神倉神社)に降臨し、
その61年後に阿須賀神社近くの北岩淵に遷られたという。

例祭は10月15日。2012年5月20日参拝。駐車場あり。
たいへん素晴らしい神社と思いました。


[PR]
by sionozaki | 2012-07-05 18:55 | 和歌山県(7) | Comments(0)
<< 阿田和神社 熊野速玉大社 >>