神倉神社

和歌山県新宮市新宮は神倉神社。
国道42号「新宮高校前」交差点を西へ。
同じ新宮市にある熊野速玉大社の摂社。
神体のゴトビキ岩と社殿。

c0182455_2234620.jpg
祭神は天照大御神、高倉下命。
「ゴトビキ」とは当地の方言であり、
「ひきがえる」のことを指すという。
岩の高さは約25m。一の鳥居のある所から岩までは
540段程の石段を登る。
石段は鎌倉時代のもので、源頼朝の寄進。
神倉山では銅鐸が出土している点が注目される。

熊野地方には花窟神社、神内神社など磐座が多いが、
当社は熊野権現が最初に降臨した地という。
明治の神仏分離以前には
岩の前に本堂が建ち、堂内に愛染明王と十一面観音、
また大黒天を安置していた(日本の神々、白水社)。
毎年2月6日に行われる御燈祭は、松明を持った上り子が
山頂から駆け下る神事で著名。

2012年5月20日参拝。駐車場あり。
たいへん素晴らしい神社だが、
石段が急なため子供や高齢者は参拝に注意が必要。


[PR]
by sionozaki | 2012-06-23 09:43 | 和歌山県(7) | Comments(0)
<< 神内神社(紀宝町) 木本神社(熊野市) >>