尾鷲神社

三重県尾鷲市北浦町は尾鷲神社。
隣接して曹洞宗の金剛寺(尾鷲市)がある。
c0182455_14501461.jpg
祭神は武速須佐之男命。
合祀祭神は櫛御気野命、大山祇命、猿田彦命、応神天皇、
菅原道真公、若狭姫命、火之迦具土神と他14柱。
創建は不詳。
1707年(宝永4年)10月の津波で、宝物や古書などを紛失した。
「尾鷲見聞闕疑集」に尾鷲七郷の氏神で、
大宝年間に勧請されたが由緒不明であることが記されている。
由緒書によれば口碑に大宝年間(701年~703年)に
播磨国(現在の兵庫県西部)広峯神社から武速須佐之男命を
勧請したとある(由緒書)。

例祭は2月5日。ヤーヤ祭といい奇祭とされる。
旧来は1月1日から1月8日まで行われていたが、
現在は2月1日から2月5日まで行われる。
特に2月5日に弓の神事や獅子舞があり、2日から4日までの宵祭に
「ヤーヤ」といいながら町中を練り歩く。
境内の楠の巨木は目通り9mで、樹齢1千年以上と推測される。
三重県指定天然記念物。

2012年5月19日参拝。駐車場あり。

[PR]
by sionozaki | 2012-06-19 18:40 | 三重県(174) | Comments(0)
<< 飛鳥神社(熊野市飛鳥町小阪) 長島神社(紀北町) >>