長瀬神社(鈴鹿市)

三重県鈴鹿市長澤町は長瀬神社。
国道306号「椿一宮」-「鈴峰中学校西方」交差点区間の西側。
延喜式神名帳伊勢国鈴鹿郡の長瀬神社の論社。
他の論社は亀山市の長瀬神社(亀山市)。
同名神社に長瀬神社(美濃市)がある。

祭神 日本武尊、底筒之男命、中筒之男命、 表筒之男命。
ほか合祀祭神が多数ある。
創建は不詳。
もと当地より北の北帝という地にあったが、
明治44年現在地に遷座した。
延喜式神名帳伊勢国鈴鹿郡の長瀬神社の論社であり、
当社が有力視されるという(歴史地名大系、平凡社)。
境内の高備塚古墳は日本武尊の能褒野陵と見られているが、
延喜式の能褒野陵は亀山市の能褒野王塚古墳に決定されている。
明治4年村社指定。明治39年神饌幣帛料供進神社指定。

例祭は10月10日。2011年10月10日参拝。駐車場あり。
少し離れて神野神社(鈴鹿市)がある。

参拝の記録
参拝当日は例祭日であり、大勢の参拝客があった。
人が多かったため写真を撮れず、当社の画像はありません。
2018年頃改めて参拝します。

当日の参拝経路
椿大神社小岸大神社ー長瀬神社(鈴鹿市)ー都波岐神社・奈加等神社


[PR]
by sionozaki | 2011-10-21 07:39 | 三重県(174) | Comments(0)
<< 都波岐神社・奈加等神社 小岸大神社 >>