志摩国分寺

三重県志摩市阿児町国府(旧志摩郡阿児町国府)は志摩国分寺。
国府の読みは「こう」。天台宗、山号は護国山。
c0182455_2241415.jpg

聖武天皇の勅願に依って、志摩国に置かれた国分寺である。
一国に一寺国分寺がつくられたのは、741年(天平13年)のことであるので
当初の志摩国分寺の創建もその頃と考えられる。
併し800年代早くも廃寺となった。
現在の国分寺は1836年(天保7年)に復興されたものである。
本尊の薬師如来坐像は高さ20m、1510年(永正7年)の銘があるもので
県指定の文化財となっている。

2012年4月15日参拝。駐車場あり。国府には国府神社がある。
[PR]
by sionozaki | 2012-06-05 02:38 | 三重県(172) | Comments(0)
<< 有田神社(伊勢市) 珂夫賀神社 >>