三重県伊勢市~大台町、尾鷲市、和歌山県新宮市 国道42号

伊勢に引越して2ヶ月程が経過し、
最も多忙な時期を過ぎたので新宮市へ出掛けてみる。
2012年5月19日、20日のこと。

伊勢から新宮へは国道42号に出さえすれば、
それに沿って南下するのみ、
一本道で新宮市へと向かうことができる。
42号に出てから最初に目に付いた神社は佐那神社。
国道から見ると、小学校の脇にある小さな神社に見えるが
実際には夫婦杉や池の広がる素晴らしい神社である。
多気町を抜けると大台町。
c0182455_23194816.jpg
まずは瀧原宮に参拝する。
この先は紀北町となる。
紀北町から北牟婁郡。ここから紀伊国である。
確かに何処となく雰囲気が変わってくる気がする。
その後 紀伊長島の長島神社に参拝後、尾鷲市入り。
イオンやエイデン、スーパーが見えて来 街を感じさせる。
尾鷲市内では尾鷲神社と隣接する金剛寺に参拝した。
この日の宿泊先は新宮市内だが、
昼頃にまだ尾鷲に居ることに焦りがあったから、
熊野や美浜、鵜殿では余り寄り道せずに和歌山県入りした。
熊野川を渡って和歌山県新宮市。
c0182455_2145864.jpg

和歌山県へは人生2度目の訪問となる。
一度目は橋本市の方であるから同じ和歌山でも地域が異なっている。
左手に鈴カステラで有名な香梅堂があった。

5月20日、2日目はまず神倉神社に参拝する。
自然石を神体としている神社である。
c0182455_21215236.jpg

この地方は神内神社や花窟神社を始め奇岩が多い。
その後は昨日通り過ぎた紀宝町に戻って、
神内神社と烏止野神社に参拝。
太地町まで行くつもりだったけれど、
那智で雨に遭って断念した。
新宮市内の阿須賀神社と商店街を散策して、帰路につく。
阿須賀神社の宮司さんはとても個性的な方で、
楽器を演奏して頂いた。
帰りは強い雨に遭い、
雨の多い地域であることを実感しました。

今回の旅では佐那神社、川添神社、瀧原宮、長島神社、
尾鷲神社、飛鳥神社、木本神社、神倉神社、
熊野速玉大社、神内神社、烏止野神社、
阿須賀神社、阿田和神社、
花窟神社の15社作成します。
[PR]
by sionozaki | 2012-06-08 23:32 | 散策の記録・旅日記 | Comments(0)
<< 佐那神社 神麻続機殿神社 >>