比自岐神社

三重県伊賀市比自岐(旧上野市比自岐)は比自岐神社。
国道422号「丸山」交差点を東へ向かう。
延喜式神名帳伊賀国伊賀郡の比自岐神社に比定される。
c0182455_14511890.jpg
祭神 比自岐神。
ほか天児屋命、天照大神、応神天皇、剣根命、
建速須佐之男命、火産霊神、大物主命、宇迦之御魂命、
木花佐久夜比売命、大山祇命、伊邪那岐命、大綿津見命、菅原道真。
創建は不詳。
主祭神について諸説あり三保津姫命、事代主命、
道敷神、伊賀比自和気命の祖神などの説がある。
歴史地名大系(平凡社)では伊賀比自和気命の祖神と見るのが妥当という。
伊賀比自和気命は死者を鎮める為に食料を献じる部族
遊部氏と関連がある神である(白水社、日本の神々)。
近世は「大森大明神」、「天王宮」と称されていた。
境内社に護国社などがある。
大正13年県社指定。

比自岐神社祇園祭は伊賀市指定無形民俗文化財。
祇園祭は7月第四日曜日に行われるもので、
かつては雨乞いの神事である「かんこ祭」であった。
当日は祇園踊りを踊り、祭の終りにはハナや団扇を
奪い合う「ハナトリ」が行われる。平成4年指定。

例祭日は11月12日。祇園祭は7月第四日曜日。
2011年12月20日参拝。駐車場は不明。
近隣に真言律宗の金泉寺(伊賀市)、浄土宗の清岸寺(伊賀市)、
ともに真言宗豊山派の喜福寺(伊賀市)、
浄瑠璃寺(伊賀市)がある。

参拝の記録
伊賀鉄道伊賀線 丸山駅より東、徒歩10分程度の場にある。
三重県道683号は国道422号「丸山」交差点と
国道165号の善福寺(伊賀市)付近までを結び、
当社の鎮座地は様々な道の交差点である。
神社前を枅(ひじき)川が流れ、社名と同名。
滋賀県豊郷町の阿自岐神社、三重県鈴鹿市の阿自賀神社、
三重県伊賀市の比々岐神社と名称が似ている。
(伊賀地域自体が多いが)周辺には社寺が多く、
金泉寺(伊賀市)、清岸寺(伊賀市)などにも今後行く。


当日の参拝経路
岩附神社真木山神社陽夫多神社波多岐神社
比自岐神社神戸神社(伊賀市)杉谷神社(名張市)
宇流冨志禰神社ー宝積寺(名張市)ー和爾下神社(天理市)
岡田国神社ー高麗寺跡ー岡田鴨神社國津神社(笠置町有市)


[PR]
by sionozaki | 2012-01-13 12:14 | 三重県(174) | Comments(0)
<< 杉谷神社(名張市) 波多岐神社 >>