和爾下神社(天理市)

奈良県天理市櫟本町は和爾下神社。読み「わにした」。
国道169号線「和爾下神社前」交差点付近。
延喜式神名帳大和国添上郡の和邇下神社の論社。
他の論社は和爾下神社(大和郡山市)。
また延喜式神名帳大和国添上郡の高橋神社の論社。
他の論社は高橋神社(奈良市)。

c0182455_12313999.jpg
祭神 大己貴命、素盞鳴命、櫛稲田姫命。
創建は不詳。
和爾下神社古墳の上に祀られた神社で、当地の氏神を祀り創始したものと見られる。
神宮寺として柿本寺が存在した。
柿本寺は古瓦の出土から奈良時代には既に存在したと見られ、
江戸時代には多くの学僧があった。
柿本寺は明治初年廃寺となったが、
当社も柿本氏に関わる神社とされる。
古くは「治道社」、「治道天王社」と称された。
「治道」は池や水路の改修、開発に伴う名と考えられるという(地名大系、平凡社)。
和爾下神社本殿は三間社流造、檜皮葺。国指定重要文化財。
当社と柿本寺を描いたものとして、
柿本寺曼荼羅図(南北朝時代前後)が存在する。

例祭日は10月13日。2011年12月21日参拝。駐車場不明。
近隣に楢神社などがある。

[PR]
by sionozaki | 2012-01-13 13:57 | 奈良県(40) | Comments(0)
<< 高麗寺跡 杉谷神社 >>