名居神社

三重県名張市下比奈地は名居神社。読みは「ない」。
延喜式神名帳伊賀国伊賀郡の名居神社に比定される。
c0182455_1573880.jpg

境内由緒碑に依ると、比奈知川上流に散在する国津神社の惣社で、
祭神は大己貴命、少彦名命、天児屋命、市杵嶋姫命、
事代主命、蛭子命。
明治41年には興玉神社他7社を合祀している。
「ない」とは地震や大地の古語で、全国に地震の神が祀られたが、
伊賀に於いては当地が選ばれて、名居神社として祀られたという(境内由緒書)。
併し「神名帳考証」に依れば、「名居」は「なおり」と訓じて
のち名張へ訛ったとする。
江戸期の棟札には国津大明神、また大己貴社とある(日本の神々、白水社)。
現在合祀されている興玉神社は、もと当社東に存在しており
祭神は猿田彦命(さるたひこのみこと)。
興玉神社では本地仏 十一面観音を有していたという。

例祭日不明。2011年11月16日参拝。専用駐車場は確かなし。

[PR]
by sionozaki | 2011-11-30 23:10 | 三重県(136) | Comments(0)
<< 談山神社 積田神社 >>