丹生神社(多気町)

三重県多気郡多気町丹生(旧多気郡勢和村丹生)は丹生神社。
国道368号「吉江」交差点を概ね北側に向かう。
延喜式神名帳伊勢国飯高郡の丹生神社に比定される。
また延喜式神名帳伊勢国飯高郡の丹生中神社に比定される。
神宮寺の神宮寺(多気町)が隣接する。
c0182455_16362435.jpg
祭神 埴山姫命、水波売命。
また天照大御神、栲幡千千比売命、武甕槌命、斎主命、天児屋命、
姫大神、大己貴命、活津彦根命、熊野樟日神、火速日命、猿田彦命、
大山祇命、田山比売命、月読尊、素盞烏尊、気吹主命。
創建は継体天皇16年(523年)と伝える。
聖武天皇が東大寺大仏殿の建立の際 水銀の産出をこの神に祈ると
忽ち水銀が湧出したので、丹生明神と名付けたという。
また嵯峨天皇が降雨を祈ると霖雨があり、晴れを祈ると晴れたという。
中世には北畠氏が造営、奉仕を行った。
近世は「丹生社」と称していた。神宮寺は隣接の神宮寺(多気町)である。
境内に陰石(女性器を形をした石)がある。
明治4年村社指定。明治41年現在の社名に改称した。

丹生という地名は「朱砂・水銀」の取れる場のことを言う。
「丹生」という神社名は他に、
長浜市余呉の丹生神社、宇陀市榛原の丹生神社、
東吉野村の丹生川上神社、かつらぎ町の丹生都比売神社、小浜市の丹生神社、
「丹生」という地名は他に、
福井県丹生郡、岐阜県旧丹生川村などがある。
当地は古代では最大規模の水銀鉱山があった。

例祭日は7月16日。2011年11月15日参拝。駐車場あり。
近隣に浄土宗の西導寺、ともに真宗高田派の浄福寺、香念寺などがある。


[PR]
by sionozaki | 2011-11-24 16:31 | 三重県(170) | Comments(0)
<< 北畠神社 神宮寺(多気町) >>