名古屋市~三重県松阪市、名張市~奈良県桜井市、葛城市

2011年11月15日と16日は三重県と奈良県へ出向く。
c0182455_12152118.jpg
まずは阿射加神社。
阿射加神社は二社あるが、写真は小阿坂町の阿射加神社。
静かな佇まいと壮大な社叢が素晴らしい。
大阿坂町の阿射加神社にも参拝後南下し気多町入り、
丹生大師(神宮寺)と丹生神社へ参拝する。
この日の宿は名張市内に取ったので、
国道368号で美杉・名張方面に向かう。
名張のこのホテルは比較的安くサービスも良く、
何度も利用している。
国道368号の松阪市飯南町下仁柿地区から津市美杉までの区間は、
狭く屈曲も激しい道である。
松阪市飯南町粥見(旧飯南郡飯南町粥見)付近。
近くには粥見神社がある。
c0182455_14125489.jpg
11月16日(水)、2日目は名張市内の気になっていた神社である
名居神社と積田神社に参拝してから、奈良県内へ向かう。
名張と榛原・桜井を結ぶ165号線は、
本当にもう何度も通っており景色も見慣れた。
奈良県内では談山神社、橘寺、久米寺、
久米御縣神社、諸鍬神社、當麻寺、
鴨都波神社の計7箇所に参拝した。
9月頃と比べると涼しい上に奈良県だから
もっと多くの寺社に参拝することも出来たかも知れないが、
一箇所毎の駐車料金や拝観料、
それから体力のことを鑑みると、これで精一杯。
道も分からぬ県での移動・運転は、思う以上に疲れる。
数ある参拝したい社寺の中でも
最も参拝したいと思っていた當麻寺は、
東塔と西塔を見事に備えていた。
c0182455_1493918.jpg
それから油長酒造を訪ねた。
今回の旅行では三重県で7箇所と、
奈良県で6箇所の記事を作ります。
[PR]
by sionozaki | 2011-11-17 12:25 | 散策の記録・旅日記(32) | Comments(0)
<< 阿射加神社(松阪市小阿坂町) 北方神社 >>