日吉神社(神戸町上宮)

岐阜県安八郡神戸町上宮は日吉神社。
大垣市内の国道21号「中川町」交差点を北に進み、
下社のある「川西・下宮」交差点を左へ、そしてすぐ北へ向かうと参道となる。
c0182455_10245570.jpg

鳥居は社殿から少し離れて立っている。拝殿東側に三重塔(国重文)。
拝殿をこえると社殿が5つある。右(東)から樹下宮、客人宮、本殿、宇佐宮、二宮である。
祭神は大己貴命(本殿)、鴨玉依姫命(樹下宮)、
白山姫命(客人宮)、湍津姫命(宇佐宮)、大山咋命(二宮)。
下社の祭神と全く一緒である。県指定重文の本殿(写真右)。
c0182455_114727.jpg

創建は817年(弘仁8年)、天台宗の開祖最澄に依るものである。
最澄はこの年、客人宮の白山姫命を除く4柱を日吉大社より勧請した。
客人宮や牛尾宮などは、その後861年(貞観3年)に円仁が勧請した(由緒書)。
中世当地は延暦寺領であって、その所以から勧請したと見られる(地名大系、平凡社)。
神社南東に別当寺である善学院があり、神仏分離以前は混淆していた。
当社は多くの仏像・神像を有しており、中でも木造十一面観音像二体と
木造地蔵菩薩像は国指定の重要文化財となっている。
三重塔は高さ24.6m、当初の建立は平安期と見られる。
現存の塔は1504年~1520年(永正年間)のもので、その後幾度も修復されている。
棟札は善学院に残っている。

例祭日不明。2011年10月29日参拝。駐車場あり。

[PR]
by sionozaki | 2011-11-01 11:45 | 岐阜県(166) | Comments(0)
<< 横蔵寺(揖斐川町) 勧学院(神戸町) >>