白山宮(南砺市上梨)

富山県南砺市上梨(旧東礪波郡平村上梨)は白山宮。
国道156号線沿いにある。

c0182455_20152643.jpg
祭神 菊理媛命、宇佐八幡、建御名方命。
養老年間(717年~724年)で泰澄に創建と伝える。
もと南砺市と岐阜県白川村に跨る人形山の頂上に創建され、
天治2年(1125年)に現在地に遷座したという。
白山宮本殿は国指定重要文化財。
本殿は一間社流見世棚造で板葺。
棟札から文亀2年(1502年)の建立と判明している。
大正9年に覆屋を設けており状態が良い。
拝殿は宝暦5年(1755年)の建立である。
仏像、懸仏などを有し習合のあったことを裏付ける。
また33年に一度ご開帳が行われる。

例祭日は不明。2011年9月14日参拝。駐車可。


参拝の記録
鬱蒼とした木々の中に鎮座している。
平村は平成16年周辺町村と合併し南砺市となった。

今回の旅行の参拝経路
神明社(南砺市菅沼)ー住吉神社(南砺市皆葎)皆蓮寺
白山宮(南砺市上梨)大鋸屋神社ー瑞泉寺(南砺市)ー
善徳寺(南砺市)ー級長戸辺神社(南砺市)ー長楽寺神社ー
高瀬神社(南砺市)羽咋神社気多大社
小田中古墳群気多神社(高岡市)
高岡関野神社八幡神社(高山市久々野町小屋名)


[PR]
by sionozaki | 2011-09-27 12:27 | 富山県(27) | Comments(0)
<< 大鋸屋神社 皆蓮寺 >>