若狭彦神社・若狭姫神社

福井県小浜市は若狭彦神社・若狭姫神社。2011年8月4日参拝。
延喜式神名帳若狭国42坐の一坐で名神大社。若狭国一宮。
最も敬愛する神社の一つ。若狭彦神社拝殿。
c0182455_13552929.jpg

若狭彦神社は竜前に鎮座し、祭神は彦火々出見命(ひこほほでみのみこと)、
若狭姫神社は遠敷に鎮座し、祭神は豊玉姫命(とよたまひめのみこと)。
若狭彦神社が上社、若狭姫神社が下社とされ両社を合わせて若狭比古神社といった。
創建は定かではないが「続日本紀」に宝亀元年(770年)に鹿毛又は神馬を
献上していることからそれ以前と考えられる。
地名大系に依れば、当社に封戸がなされていることから、
721年(養老5年)も強ち否定出来ないとしている。
封戸は806年(大同元年)のことである。
地名大系等はこの様に創建について不詳としているが、
神社由緒書には創建がはっきり書かれており、
上社770年(霊亀元年)9月10日、下社721年(養老5年)2月10日としている。

神格は859年(貞観元年)の「三代実録」に於いて従二位勲八等から
正ニ位に叙せられ、下って1532年(享禄5年)には
正一位勲三等となっている(白水社日本の神々)。若狭姫神社鳥居。
c0182455_1411875.jpg

当社が若狭国一宮となったのは鎌倉時代初期頃と見られる(日本の神々)。
上社の本殿、楼門、神門が、下社の本殿、楼門、神門、社叢が
県指定の文化財となっている。また太刀一振が国重文。三日月宗近の作である。
別当寺として神宮寺が存在する。
神宮寺は上社より南に位置する天台宗寺院である。
また上社のある竜前地区には銅造薬師如来(国指定重文)がある。
像高50.9cm、1248年(宝治2年)の銘のあるもので、上社の本地仏である。

小浜市の西 加斗まで辿り着き黒駒神社などにも参拝しましたが、
今回の福井旅行の寺社紹介はこれで最後となります。
[PR]
by sionozaki | 2011-08-21 06:58 | 福井県(36) | Comments(0)
<< 坂祝神社 多田寺 >>