弥美神社

福井県三方郡美浜町宮代は弥美神社。読みは「みみ」。
延喜式神名帳若狭国42坐の内の一坐。
敦賀と小浜を結ぶ国道27号「木野」の信号機を南側に入る。
または27号「川原市」交差点から県道213号で南へ。
c0182455_5173618.jpg
祭神は室毘古王(むろびこのみこ)。
この神は三方郡一帯を治め、土地を開拓した神。
創建は702年(大宝2年)。
当初は現在地より西方に存在した(日本の神々)。
鎌倉時代以後二十八所大明神や二十八所宮と呼ばれた。
その所以は28の神社の神を祀ったことに依る。
この28の神は伊勢・北野・春日・石上・龍田・住吉・氣比
などの大社クラスの大きな神社の神。
「弥美神社縁起」に依れば、
702年(大宝2年)に28の神が祀られたとしているが、
歴史地名大系、 日本の神々ともこれを否定している。
隣接して園林寺がある。園林寺は当社の神宮寺。
本尊の薬師如来は泰澄の手によるものという。

2011年8月3日参拝。駐車場あり。
[PR]
by sionozaki | 2011-08-11 05:59 | 福井県(86) | Comments(0)
<< 闇見神社 伊香具神社 >>