伊香具神社

滋賀県長浜市木之本町大音(旧伊香郡木之本町大音)は伊香具神社。
延喜式神名帳近江国伊香郡の伊香具神社に比定される。名神大社。
神社の読みは「いかご」、大音の読みは「おおと」。
c0182455_17451654.jpg

古くは大音大明神社と称した。
祭神は伊香津臣命。この神は天児子屋命の5番目の孫とされる。
創建は670円(白鳳10年)より前としている(境内由緒板)。
神階は859年(貞観元年)に従四従下へ、
866年(貞観8年)には従四位上となっている。
1336年(建武3年)には足利尊氏より朱印ニ百石を賜ったが、
時を下って元亀の頃には信長に依って社領を没収される。
更に1583年(天正11年)の賤ヶ岳の合戦の兵火により社殿等を焼失した。
のち1608年(慶長13年)に復興がなされた(由緒板)。
c0182455_5535880.jpg

鳥居は先日紹介した奈良県桜井市の大神神社の三輪式鳥居と
広島県宮島の厳島式を合わせた独自の伊香式鳥居である。
祭神を伊香津臣命とすることに関しては、様々な文書の中で肯定されている。
この辺りには白鳥伝説が伝わる。
これは伊香の小江の津浦という場所に八人の天女が白鳥に姿を変えて現れた。
これを見た漁師(伊香刀美)が衣を剥いでしまい、その天女は天に帰れなくなった。
そして伊香刀美と天女は結婚し、子供をもうけたというものである。
そして伊香刀美こそが伊香津臣命である(境内三の宮神社由緒板)。
三の宮神社の祭神は臣知人命(おみしるびとのみこと)。
その他境内に明治期につくられた招魂社がある。

例祭日不明。2011年8月3日参拝。駐車可。
[PR]
by sionozaki | 2011-08-08 05:15 | 滋賀県(149) | Comments(0)
<< 弥美神社 石作神社・玉作神社 >>