阿自岐神社

滋賀県犬上郡豊郷町安食西は阿自岐神社。読み「あじき」。
国道8号線「阿自岐神社口」を東へ。
一の鳥居は「四十九院」交差点にある。
延喜式神名帳近江国犬上郡の阿自岐神社に比定される。旧県社。

c0182455_1244958.jpg
祭神 味耜高彦根神、道主貴神。
また相殿に天児屋命、食保神、須佐之男命。
合祀祭神は天照大神、応神天皇、猿田彦神、大物主神など。
創建は不詳。
百済系渡来人阿直岐氏とその子孫がこの付近にて繁栄し当社を奉斎という。
近世は「安食明神」と称されていた。
「あじき」の語源は渡来氏族の阿直岐氏を指す説、
祭神の味耜高彦根神を指す説、
社域より湧き出る水により沼が出来、
その沼から生える芦と古語で村を表す「スキ」が結びつき
「アジスキ」そして「アジキ」と変化した説などがある。
明治14年郷社。明治44年県社指定。
明治41年付近の神社を合祀。

c0182455_1191375.jpg
本殿は三間社流造、桧皮葺で1819年(文政2年)の建立。
棟梁は近隣の田中嘉助、今在家村の木澤甚六。

延喜式神名帳近江国犬上郡の式内社は
当社と多賀大社、日向神社、都恵神社、山田神社の7坐がある。
松阪市の阿射加神社、鈴鹿市の阿自賀神社、伊賀市の比自岐神社、
伊賀市の比々岐神社など全国に似た名称の神社が多い。

例祭日は4月幾日。2011年6月9日参拝。近隣に駐車可。
とても心に残っている神社です。


[PR]
by sionozaki | 2011-06-12 01:19 | 滋賀県(152) | Comments(0)
<< 奥石神社 大滝神社・岡太神社 >>