大虫神社(越前市)

福井県越前市大虫町(旧武生市大虫町)は大虫神社。
国道365号「大虫口」信号機を西へ向かう。旧県社。
日蓮宗の成福寺、真宗大谷派の光福寺が隣接する。
延喜式神名帳越前国丹生郡の大虫神社と
延喜式神名帳越前国丹生郡の小虫神社に比定される。
また延喜式神名帳越前国丹生郡の雨夜神社の論社。
他の論社は岡太神社(越前市岡本町)、八坂神社(越前町天王)。
同名社に大虫神社(与謝野町)がある。
c0182455_943219.jpg
祭神 天津日高彦火々出見命 。
豊玉姫命、罔象女命、大山祇命、鵜草葺不合命を配祀する。
古代鬼ヶ岳の山上に鎮座していたものを遷座したとも
鬼ヶ岳坐神を勧請したとも伝える。
創建は第10代崇神天皇7年と伝える。
この頃は鬼ヶ岳に鎮座しており、「大蒸大明神」と称していた。
垂仁天皇26年 害虫 蝗(いなご)が大量発生し作物に影響、
大蒸大明神を現在地に遷座させたという。
遷座に伴い「大虫神社」に改称した。
延暦16年(797年)完成の「続日本紀」に神階の記述がある。
延喜5年(927年)完成の延喜式の越前国丹生郡に当社の名が見え、
大虫神社と小虫神社を当社に比定、
雨夜神社を当社に比定する説がある。
境内社に祖霊社、大岩神社、塩筒神社、宗形神社、
猿田彦神社、四八末社がある。
明治8年県社指定。拝殿。
c0182455_9461534.jpg
大岩神社は社殿西側にあり、磐座と思われる大岩がある。
大岩神社は大虫神社の奥之院であり、
古く越前市大虫町山地字水谷に鎮座していたと伝える。
慶長13年(1608年)注連縄を張り、
寛永10年(1633年)社殿を建立したという。
大正10年現在地に遷座した。
大岩は別名 天狗岩とも呼ばれる。
大岩神社隣(西側)には大神の湧水がある。

大虫神社木造男神坐像二体は国指定重要文化財。
神像は天津日高彦火々出見命像と塩土老翁像と伝え、
天津日高彦火々出見命像は11世紀頃のものと推定され、
塩土老翁像は10世紀頃のものと見られ共に貴重である。
福井県指定文化財でだったが、
平成6年に国指定重要文化財に格上げとなった。

例祭日は10月9日。2011年5月13日参拝。駐車可。
近隣に日蓮宗の成福寺(越前市)、
真宗大谷派の光福寺(越前市)、曹洞宗の瑞洞院(越前市)がある。


参拝の記録
最も好きな神社で何もかもが素晴らしい。
延長5年(927年)の延喜式神名帳に名神大の記載がある大社。

今回の旅行の参拝経路
意冨布良神社白髭神社(南越前町合波)羽太神社
妙泰寺(南越前町)熊野神社(南越前町清水)大塩八幡宮
大虫神社(越前市)ー萬慶寺ー舟津神社不老神社
大滝神社・岡太神社劔神社(越前町)大谷寺(越前町)
越知神社(越前町大谷寺)八幡神社(越前町上糸生)


[PR]
by sionozaki | 2011-05-29 09:49 | 福井県(90) | Comments(0)
<< 舟津神社 大塩八幡宮 >>