妙泰寺(南越前町)

福井県南条郡南越前町西大道は妙泰寺。
国道365号「南条駅入口」交差点を西へ、すぐに北へ向かう。
羽太神社のちょうど西側。
日蓮宗。大谷山。本尊 十界曼荼羅。
c0182455_20502584.jpg
北陸身延とも云われ越前最大・最古の日蓮宗寺院。
創建は永仁2年(1294年)で開基は日像。
日像は1269年~1342年の日蓮宗の僧。
26歳の頃 北陸にて布教活動していた折
当地が身延山に似ていると感じ当寺を建立した。
日蓮宗大本山妙顕寺四聖跡の第二霊場となる。
隆盛期には七堂伽藍が建ち並び、
塔頭に本光坊、本因坊、法泉坊、立本坊、自俊坊などがあった。
江戸時代には福井城主 結城秀康の祈願所となり、寺領が与えられた。
c0182455_627387.jpg
妙泰寺釈迦如来像、妙泰寺涅槃像は南越前町指定文化財。
ほか境内に七面堂がある、
七面堂は七面大明神を祀るもので日蓮宗寺院に見られる。

2011年8月4日参拝。駐車場あり。
周辺に日蓮宗の歓喜寺、真宗出雲路派の正善寺がある。

[PR]
by sionozaki | 2011-05-28 06:35 | 福井県(88) | Comments(0)
<< 熊野神社(南越前町清水) 羽太神社 >>