白山神社(大桑村)

長野県木曽郡大桑村殿字延沢は白山神社。
大桑村内の国道19号大桑駅付近を北へ向かう。
すぐ近くに臨済宗妙心寺の
池口寺
がある。
c0182455_10451644.jpg
祭神 菊理媛命。
手元に参考となる資料がなく創建は不詳。
覆屋内部は白山社、伊豆社、熊野社、蔵王社が並ぶ。境内社。
c0182455_05593725.jpg
白山神社本殿は国指定重要文化財。
本殿はいずれも一間社流造で桧皮葺。
特に猪の目懸魚の形、裏甲のない茅負、
大面取の柱など鎌倉時代の様式を良く残しているという。
本社の白山社は扉に方位柱が施され、他と異なった仕様となっている。
棟札から1334年(弘元4年)橘宗重により
造立されたことが分かっている。
昭和12年国指定重要文化財に指定。

国道19号より当社に向かう途中に池口寺がある。
臨済宗妙心寺派寺院だが、もと天台宗の古刹である。

例祭日は不明。2011年4月11日参拝。駐車可。

参拝の記録
社殿は急な階段を登る。
社号標に「重要文化財 白山神社」とある。

今回の旅行の参拝経路
白山神社(大桑村)ー池口寺津金寺ー新海三社神社ー
和田神社(松本市)


[PR]
by sionozaki | 2011-04-21 14:56 | 長野県(87) | Comments(0)
<< 池口寺 高座結御子神社 >>